ストレス解消学―過労死・がん・慢性疾患を超えるために 小学館ライブラリー (77)

アメリカ人は公私をきっちりと分けています。

職場と家庭がはっきり区別されているため職場に対するストレス度はとっても低い。

日本とアメリカとでは職場環境が異なるため仕方がないのですが、
あなたの考え方次第でストレスは充分解消できます。

それではどうしたらよいか?

そんなあなたへのヒントはこちらから。

 ↓↓↓

ストレス解消学―過労死・がん・慢性疾患を超えるために 小学館ライブラリー (77)



内容紹介:「イイ子」人間であることがストレスを生む。
職場での「頑張り」と「付き合い」がストレスを増強し、成人病を作る。
この悪循環を断ち、「自分らしさ」を取り戻すためのストレス克服のバイブル。
再刊。

ストレス解消学のお求めはこちらから!



posted by Miss. LA stressfree at 09:34 | ストレス解消用お勧めBooks
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。